楽団紹介

フィルハーモニックウインズ浜松
Philharmonic Winds HAMAMATSU


「音楽の都・浜松」初の常設プロ吹奏楽団として2011年に誕生。浜松出身者を核とした、浜松ゆかりの若手演奏家によって構成されており、地域に密着した音楽活動を続ける。音楽監督に日本を代表する作曲家・保科洋氏を迎え、豊かに響く音づくりを目指す。

 設立当初より「保科洋による吹奏楽楽曲分析・解釈講座」や「保科洋の吹奏楽指揮法講座」「吹奏楽トップコンサート」「和洋奏楽」などに出演し、多岐にわたる演奏活動を展開する傍ら、「浜松市中学校選抜吹奏楽団オーディション」において審査を担当するなど、浜松地区への貢献度も高く評価されている。

 これまでに、2015年10月に兵庫県加東市にて「音楽の日in加東2015」、同年11月に石川県金沢市にて「金沢市中学生文化創造夢空間2015」にて招待演奏を行う。

 また、2016年「世界音楽の祭典IN浜松」に出演、同年11月には音楽監督・保科洋氏の傘寿を記念し「保科祭」を開催し、好評を博した。2017年6月には当団初のCDを発売予定し、今後の活躍を期待されるプロ吹奏楽団である。

facebook → http://www.facebook.com/philhama

第1回定期演奏会2012年4月13日
「風紋」(原典版)/ 保科 洋